つぶやきが長くなりすぎる時用のやつ

LDH関連のクソ長クソエモなつぶやきがやばすぎる時に使います。

バカ長くなりすぎた八王子ゾンビーズの感想

 

八王子ゾンビーズの千秋楽LVを見てきたんですけども、

あんまり長く書きたくないな~と思いつつやっぱりくそくそ長くなったのでこっちに書きます。

 

 

まず言っときたいんですけど、楽しんで来たのはちゃんと言いたい。

わたしは「ひと夏のできっこないをやらなくちゃ」が死ぬほど好きで、向かった方向はそういう感じだったので。

ただ、笑いのセンスが全く合わなかった。ただそれだけなんです。

けど、それがここまで気持ちを左右するとはな~という。

演者さんたちはマジでめちゃくちゃ最高だったので、本当に残念というかシュンとするというか…

「笑い」って本当に難しい要素なんですね…改めて怖い。

 

いろんな方が仰ってるのでもうあんまり長々書いてもって感じなんですけど、まあもう日大の謝罪会見いじりね。

あれを今さら公の場で茶化してやれる気持ちが全く分からなくて、ウワーッってなったのが相当尾を引いたからな…

すみません、ここに関しては、演者さんたちもいやどうなんすかこれとは言えなかったのかな…とか。

そこまで思ってしまったんだよ~…

 

 

あとダンス教えるシーン、わちゃわちゃアドリブ楽しくて、わたしも超笑った。

見ててめちゃくちゃ楽しいお客さんがたくさんいらっしゃって、わたしもすごく楽しかった。

でもな、わかるけど、ほんと申し訳ないです、ちょっと長かったな…

ここを長く取るなら、わたしはもっと、みなさんのダンスと殺陣をきちんと観たかったなというわがままなんですけども。

この部分めっちゃ好きな方もいただろうから、だからやっぱもう笑いに対する解釈違いって影響でかいんだね…ってただそれだけなんだけど、この要素強い。ほんと強い。 

 

 

内容に関して。

 

これ本当に、演者の方々が最初にあってのホンだったんだろうなと思うのでなんとも言いづらいんですが、なんか…こう、要素が多いな!って気がしてしまいました。

答えが簡単に出ない問いを終演後も抱える感じは嫌いじゃなかったんですけど。

生と死とひと夏のすこし不思議な青春、それだけでもわたしは最高だったけどな~。

 

 

 

演者さんに関して。

 

わたし東京に公演観に行ってて、なんと台風直撃のあたりだったもんで、翌日の分はお譲りに出して帰ってきたんですけど。

この通りウーンってなるところが結構大きかったので、残念で残念で歯噛みがすごいってわけでもなく…

 

でも、ゾンビーズが成仏したのち、ラスト1人になってピンスポットの月明かりの下踊る健二郎さんのダンスが、

また観たくて観たくて観たくて、

LVのチケットを帰りの飛行機で取ったんだよな。

 

三代目ド新規、山下健二郎のダンスがここまで心を揺さぶるものだと気付いておらず。

本当にすみませんでした!!

ダンさん!Zip!ってそればっかり…

本当マジですみませんでした!!!

マジで。本当に凄かった。あのダンスとこの時感じた衝撃は本当に絶対忘れないと思う。

 

 

おざっつ、演技スーパー素晴らしくないですか!!!

腕の毛が全然気にならんほどに楓でした。楓の声の表情の柔らかさよ…

あまり気にして見たことなくて、こちらもごめんなさい。

おざっつの演技がもっと見たいです。見ます。

 

 

そしてこれ、本当マジで観てよかったなと心から思ったことなんですけど。

早乙女友貴くんの存在を思い知れたのもほんっとによかった。

早乙女太一くんのご兄弟、知ってる。

妻は島袋寛子ちゃん、そういうのは超知ってる。

でなくて、いや殺陣。

殺陣。

ちょっと待って殺陣。

超絶最高でしたよ…殺陣っていうか舞ってた。ここだけ景色が水のように流れてた。

他に何に出てらっしゃるんだ!!!って血眼よ今。

だからこそ、いやほんとすぐ愚痴になって申し訳ないんすけど、一葉の扱いというかキャラ付けがよ~

もっとあったやろ~となってしまったよね…

一葉がいないといろいろ成り立たなかったのに、最後おざなりすぎないかい…

 

あと、ユウキ・クボタと高野洸くん。

わたしは昔昔にあなたたちの出てたミュージカルなど観に行っててな。

スーパーウルトラ上手くなってて飛び上がりました…

舞台に朗々と声が響き渡っていて、ちょっと涙が滲んだわ…

 

熱く燃え滾るエモい部分だけピックアップして書いたけど、

演者の方みなさん、マジで全員、うまくて声が素敵で、セリフのひとつひとつが空気を震わせて、ウワー舞台!!醍醐味!!って感じでした。本当に素晴らしい演者さんたちだった。

 

 

忘れてたけど応援上演に関して。

わたしは映画の応援上映も苦手なので、言うことは特にないんですが、みんなとても楽しそうでしたよ。

若いお嬢さん方が楽しそうにニコニコキャッキャしてたのは、見ててシンプルにハッピーでした。

でもわたしは普通に没頭して舞台が観たいので、そういう類の舞台にはもう行かないと思う。

 

 

いろんな方が思うことを書かれていて、わたしも思った以上にクソ長い雑文になってしまって、人の心に爪痕を残した舞台だったとは思います。

そこに関しては大成功なのか…ウーン…

これもまた観劇の味なのよね。

 

いろいろ書いちゃったけど、

リアルに演者さんたちがこの夏を青春してた感じ、この夏をきっと忘れないんだろうなって感じは、とてもとても眩しくて最高だったな。

 

 

健二郎さんの長台詞には単純に、えっ超すげえな!?ってなったし、

個性のキツイ存在に振り回されて非日常を立ち回る普通の人をやったら無双な気がするので(三代目での立ち位置からして結構そうじゃないか!?と思うので、やっぱそういうの求めがちになるのよね)、

健二郎さんの演技仕事ももっと観たいなと思います。

でもほんと、この方はダンスがほんっとにヤバのヤバで最の高なんだな。

それに気付けたのはすげー良かった。

というところでもうやめとこう。

 

 

次はDTC湯けむり純情編か…

 

いよいよハイローがきてしまう。明日LV行くんですよ震え

RYUJI IMAICHI 「LIGHT>DARKNESS」を聴いたオタクがくそ長キモエモ感想を書いた

こちらもツイッターでつぶやいておりました。

 

 

リュウジくんさんのツアーがスタートしてる!?季節はえー!

わたしは10月なので、なるべく薄目でツイッターに張り付こ…

ネタバレ平気な方だけど、リュウジくんさんとトサカくんさんのツアーに関しては、初めて現場で見て聴いて、ウ、ウワァーーーーーヒャーーーー!!!ってなりたい…

 

そんな中、スーパー遅ればせながらリュウジくんさんのアルバムに関しての感想をちょっとつぶやきます。

ちょっと???ハ???クソキモ長いですけど???(これが自由)

 

わたしこれまでの人生でほぼR&Bを通って来なかったので(宇多田ヒカルが出てきた頃にチョロっと聴いてみたくらいなんじゃないかな…)、

正直最初は1番フィットしたのAngelだな~他少しムズイな~って感じだったんですけど、

聴いてたら面白いもんで、今めっちゃ聴いてるのTHROW BACKとAlter Egoです。

 

ONE DAYもSHININGもLOVE HURTSも、FUTUREで聴いてたのに、今聴いたらエーーーッ待って最高いい曲やん!?っていちいち素直に驚いてるんだけど、自分で超面白いです。

まさかわたしが!?R&Bを楽しんでいる!?ってところもほんとに凄く面白い。

 

トサカくんさんが、リュウジくんさんのは長く聴かれる音楽って言ってたの、わたし的にはこういうことなのかな?ってひとつの答えが出た感じ。

R&Bって聴けば聴くほど、身体に染み渡っていく音楽なんだと思う。

 

そういう、新しい理解がきちんと自分の中に降りてきた感覚、しかもこの歳でって、結構凄いことだと思うんですよね。(同年代なもんで…)

マジで聴けてよかったー!ありがとうございますー!って気持ちをツアーの時にちゃんと伝えられたらいいなと思う。

 

で、また映画に例えた感想なんですけど(地味に映画が好きなので…)、わたしリュウジくんさんのアルバムは聴いた後「フォレスト・ガンプ」のことを思い出したんだよな。

1枚のアルバムを通して、1人の男の半生に触れた感覚。

最終的には小さくとも必ず光がある感じもめっちゃそう。

 

Real Soundでのインタビュー読んでめちゃくちゃ腑に落ちたんですけど、ダニエル先生が「いいところを引き出すんじゃなくて、削ぎ落としてリュウジくんさんの本質を出したい」って、

いやマジそれな!!

ってダニエル先生に肩パンして握手したい気持ちなんですけど、まさにそれ。

 

削ぎ落とした先に、1人の人間の歌に対する情念をただただ感じて、その人生を垣間見た気分になったからだと思います。

前も言ったけど本当にドド新規なので、ご本人のこと語れることなどマジでないって感じなんですけど…

音楽って、歌って、声って、改めてすご、すごい、すごい~(語彙)ってなりました。

 

トサカくんさんのアルバムとはほんとに違う印象だったけど、でも共通して90年代っぽさが凄くあって、なんかほんとに、2枚ともお2人のルーツというか原初が溢れ出したファーストソロアルバムだったんじゃないかなと勝手に思っています…

すご、すごい、スーパーすごい~!(本当に語彙とは)

 

 

このあと人様のライブレポ見て、来月のチケット取れるとこ取りました…

我慢できんかった。

HIROOMI TOSAKA 「FULL MOON」を聴いたオタクがくそ長キモエモ感想を書いた

ツイッターでつぶやいていましたが、なんかありがたくも反応頂いたりしたので、

記念にまとめとこうと思います。

 

 

全曲通して聴いてみたけど…みたけど…みなさん、よく次の日まともに会社に行けたね…???

わたし無理だよ明日休みてえもん…言いたい言葉が溢れてくるのを1日かけて出したい…

すごい、こんなにいろいろな感情や想像が湧いてくるアルバム、久々に出会った…

これは~すご、すごい、すごい~(語彙とは)

 

明日仕事に行けないといろいろやばいので、ざっくりとても勝手な感想です。

長くてキモい。(いつものやつ) (いつもにも増して)

 

トサカくんさんの多面性っていうか、もう14人別人がいる???くらいの多彩な曲でいちいち驚いたし(とっくに聴きまくってた曲にも。曲の順番が理由かなと思う。順番の意図知りたいすよね)、

ファンが聴きたいであろうってところもきちんと把握してらっしゃるな!?って勝手に想像して感動してました。

 

本当に勝手なアレだけど、例えばHEART of GOLD、みんなすごい好きだと思うのよ。わたし最初の音からウワッ好き!ってなったし。

いい意味でトライブっぽくないトサカくんさんが、とてもトライブっぽい曲を歌ってくれたな!?これ聴きたかったやつだーッ!みたいな感覚にめっちゃなったりしてました。

 

で、わたしオムニバス映画がめちゃくちゃ好きなんです。

アルバム通して全部聞いたあと「ナイト・オン・ザ・プラネット」、この映画を思い出したんだよな~。

(なんかサウンドもちょいちょい90年代感あるし。One Last Timeとか凄く。)

 

って言うのも、それぞれの月の夜に起こった出来事を集めたオムニバス映画を観たあとみたいな、すげー物語性の詰まった音楽だったなー!って思ったからなんです。

 

で、デートから帰った夜にはSmile Moon Nightを、過去を振り返った夜にはEGOを、それぞれの月の夜にそれぞれの曲を聴いている誰かを、わたしめちゃくちゃ想像したんですよね。

きっとわたしも1人になりたい夜には真っ暗な部屋でEND of LINEを聴くんだろう。

 

トサカくんさんの歌なんですけど、誰かの歌でもあるのかなって感覚がすごくあって、この夜のどこかの誰かを、人の営みみたいなのを凄く思った。

本当に映画を1本観た後みたいな。

 

マジで超ド新規だし、ご本人のお人柄を語れるほどのことなど何も知らん…って感じなんですけど、

なんか本当に、月のようにそっと輝いて寄り添ってくれるような方なのかもなあとアルバム聴いて思いました。

 

全面にテーマソング!とかじゃなくて、人生の側でそっと鳴り続けてずっと心に残るBGM、みたいな音楽が、最高に心地よかったです。

本当に素敵な音楽を聴かせてくれてありがとう、トサカくんさん!よーしよし、これで1回やめよう、明日ちゃんと仕事行こうな!!!

 

 

HEART of GOLD、よすぎて毎日聴いています。

勝手に予想だけど、たぶんきっと、ツアーのセトリのいっちゃんラストの曲はこれだと思う。

(だったらわたしが泣き喚くヤバのヤバで最の高)

トサカくんさんのReal Soundインタビュー記事感想が長くなりすぎたのでブログに書きます。

 

たくさんの方々が最高の月の夜を過ごされた中、わたしはクソ遅ればせながら、Real  Soundのインタビュー感想を書きます。

ほんっとに読めてよかったこれ。

 

 

ファンが聴きたいだろう曲とか90年代感とか、結構あやまたずトサカくんさんの意図を汲めてるところがあって、

なんでだろう?って考えてたんですが、いやもう普通のことで、なんていうかリスナーとトサカくんさんの間でコミュニケーションが成立してるんだろうなと。

 

トサカくんさんがやりたいこととか曲の意図とか、一生懸命考えたりトサカくんさんのことを知ろうとしてるリスナーのみなさんのつぶやきめちゃくちゃ見るし、

わたしも毎度クソ長いエモツイートしちゃうし。

 

トサカくんさんはそんなリスナーの反応を本当に丁寧に拾ってらっしゃるんだと思うし、

その反応を見て、リスナーに合わせてチューニングした「少しだけ新世界」を披露してくれて、わたしたちはまたそれを一生懸命に楽しんで反応を返す感じ。

なんか嬉しくなりました、勝手にな。

 

自分はこういう世界観でこれが好きだから、わかるやつだけ着いてきてって感覚のアーティストもマジ最高!!!でわたしめちゃくちゃ好きなんですけど、

こんな風に柔軟にリスナーと音楽の間に立ってらっしゃる方の音もなかなかないと思うので、別のベクトルで超最高です。

 

なので、日本の音楽に関して思われてることを読むと、聴き手ももっと垣根を超えて多様化を楽しめるようになれるといいなと思いました。

 

わたしもクソオタで、人生で一度もLDH系の音楽がiPodに入ってたことなかったんですが、

ハイローに出会って目覚めたし、そのあとでR&Bとかダンスミュージックとか聴くようになりました。すごく楽しいです。

わたしは完全に聴かず嫌いだったからな。

見た目でないって決めつけて聴いてこなかったの、もったいなかったなってマジで心から思う。

 

で、こういう、今まで触れてこなかった音楽とカルチャーがわかるようになって本当に楽しい!ってのを、やっぱちゃんと態度で言葉でお銭で、わたしも出して行きたいよなと思いました。

ていうか、普通にだれでも、作ったものに反応欲しいですよね。

 

作り手側が垣根を超えたい多様化をもっと楽しみたいって意識の篭った音楽に、リスナーもどう反応し返すか。

まさにコミュニケーションでその動きが広がるか止まってしまうかが決まると思うから、

やっぱりそういう意味でも、いいものはいい!ありがとう!またよろしく!って声をあげて反応していきたいよなーと。

 

別に全部が全部いいとは絶対ならないだろうから、そこはきちんと見極めた適切なリアクションが必要ですけど。

 

みたいな、めっちゃ普通のことをめっちゃ真剣に考えたから、

わたしは昨日よりも今日、今日よりも明日、毎日トサカくんさんにズブズブ度合いが増してて、自分で自分に薄ら笑いです。

 

仕方ねえだろいろいろ最高なんだよこの人!!!(金切り声)

 

 

蛇足です。同年代だから思うけど、ロキノン系に行かなかった人の音楽にまさか触れることがあると思わなかったから本当に面白い。

そんで今んとこLDH系と一番親和性なさそうなのがそこなのもスーパー面白い。

スカパラとか亀田誠治さんとか蔦谷好位置さんとかサカナクションとか(なんとなく多方面にコラボとか楽曲提供してくれそうだし単純に好きな方々)、

一緒に制作なさったらマジで面白いことになると思うんだけど。

超願望だけど頑張って実現させてくれトサカくんさん。

 

 

あと、わたしはハイローが本当にすごい理想的に楽しくて、いろんなカルチャーがミックスされてひとつの総合エンタテインメントとして最高だったんですが、

(ハイローは超絶大変だったんだろうな…とはインタビュー見て心底思うんだけど)、

トサカくんさんのやりたい事もそういう方向にあって、やっぱりヒロさん的だな~ってめっちゃ思いました。

 

 

そんでトサカくんさんの手がけたもの、意外とオタっぽさ漫画っぽさがあるというか、

別方向の人に刺さる要素が意図せずなのか入っちゃうとこも、ヒロさんイズムあるわ~ってすげえ思うんだよね。

 

トサカくんさんファンでよかった、未来もめちゃくちゃ楽しみじゃねえか!って心から思います。

人生で初めてブログを利用し始めました。

LDHドドド新規です。

三代目最推しでEXILEも箱推し。
三代目トサカくんさんに人生を左右されつつあります。

少し前からLDHに関するつぶやきがクソ長くなりがちで(文章を簡潔に書けない)、リアルの友達やこれまでに知り合った方々はそっちのつぶやきは読まないと思うので、こっちに書くことにしました。

これまで全然LDHに触れなかった人間が思いつくままに書いた、本当に全くの個人の感想ばかりです。